『純愛果実』2007年9月号に乱丁が発生している本があるそうです。出版社(光彩書房)からお詫びの文章をいただきましたので以下に掲載します。返品交換の方法についても書かれていますので、対象となる方は参考になさってください。(サイト管理人記す)

出版社からのメッセージ

乱丁のおわびと交換のご案内

純愛果実」御購読者各位

 平素は弊社刊行物をお引き立ていただき誠にありがとうございます。

 さて、弊社発行の雑誌『純愛果実 2007年9月号』(雑誌コード05317-09、2007年7月23日発売号)の一部に、乱丁が発生していることが判明いたしました。

 このたびの乱丁品では、55〜62ページ、87〜94ページ、115〜122ページ、147〜154ページで順序の入れ違いが起きています。ご購入いただいた『純愛果実 2007年9月号』を至急ご確認下さいますようお願い申し上げます。

 乱丁品は早急に交換いたしますので、お手数ながら郵便、宅配便等の「着払い」にて下記弊社宛てにご返送ください。折り返し、良本をお送りさせていただきます。(なお、お客様のご住所・お名前を必ずご明記下さいますようお願いいたします。)

 読者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと謹んでお詫び申し上げますとともに、以後こうしたことのないよう十二分に注意いたしますので、今後も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

 2007年7月 光彩書房

乱丁品ご返送先・お問い合わせ先

 〒105-0004 東京都港区新橋5-35-8 水野ビル2F
 有限会社光彩書房
 電話 03-3437-9714
(※株式会社一水社(03-3437-6315)でも対応いたします。)




トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-15 (水) 19:00:03 (1881d)