プロフィール

ペンネーム比奈子 惟
ペンネーム読みひなこ ゆい
ペンネーム別表記Yui Hinako
別ペンネーム桐生圭巳*1、きりゅうたまみ*2
公式サイトHINA*CAN http://hinacanzume.blog11.fc2.com/


 漫画家。雑誌『美少女的快活力』(光彩書房)、『COMIC幻羅*3』(大洋図書)、『恋愛CherryPINK*4」(秋田書店)などに作品を発表。

 1998年、“桐生圭巳”名義で、作品「びしょぬれの心理状態」を『オレンジクラブ』1998年8月号(雄出版)に発表して漫画家デビュー*5

 桐生圭巳名義で、『オレンジクラブ』に3作を寄稿したあと、1999年2月号からペンネームを“きりゅうたまみ”に変更。以降2000年2月号まで『オレンジクラブ』に計7作を寄稿している。直後に発表された単行本『桃色愛奴』には、桐生名義の3作を含めた全10作品が収録された。*6

 『オレンジクラブ』2000年3月号の表紙イラストを、きりゅうたまみ名義で担当したあと、再びペンネームを変更。ペンネームを“比奈子 惟”とし、『オレンジクラブ』2000年5月号、9月号、11月号の表紙イラストを担当している。『オレンジクラブ』への寄稿はこれが最後となったようだ*7

 2001年からは、大洋図書発行の『COMIC幻羅』への寄稿を開始(2001年8月号の「絆」が初掲載)。以降、休載をはさみながらも休刊号となる2004年4月号*8まで寄稿を続けていた。*92003年3月には、大洋図書から自身2作目の単行本『艶汁』を発表している。

 2004年末から2006年にかけては、竹書房の『ビタマン』や、秋田書店の『恋愛読み切りMAX』、『ちびMAX』、『恋愛CherryPINK』に数作ずつを寄稿。*10

 『美少女的快活力』への寄稿は、2005年6月発売のVol.4から。以降、Vol.7(2005年)、Vol.9〜11(2006年)、Vol.18(2007年)の計6号に漫画作品が掲載されている。

 2010年、一水社・いずみコミックスレーベルから第三単行本を発表予定。*11


*1 桐生名義の3作は、きりゅう名義の単行本収録作とタイトルが一致するので、同一人物と思われる(未確認)。
*2 公式サイトに記載されている。のち、比奈子惟に改名。
*3 『COMIC幻羅』は2004年4月号で休刊した成年コミック雑誌。後期には『コミックGENRA』とローマ字で表記された。後継誌は『.COS(どっとシーオーエス)』(大洋図書)。
*4 『恋愛CherryPINK(チェリーピンク)』は、秋田書店発行のティーンズラブ(TL)雑誌。2010年現在、偶数月発売(ただし、創刊号vol.1は2006年5月15日発売)。 なお、秋田書店は奇数月に同じくTL誌『恋愛MAX(ラブマックス)』を定期刊行している(2001年創刊。ただし創刊時の誌名は『恋愛よみきりMAX』。2006年7月号(2006年6月6日発売)まで同誌名)。
*5 “きりゅうたまみ”名義の単行本『桃色愛奴』に収録。元々は投稿各品で、初めて描いた漫画作品という。しかも3日間で仕上げたとのこと(単行本あとがきより)。
*6 『オレンジクラブ』掲載の漫画作品は、すべて単行本に収録されているようだ。
*7 『オレンジクラブ』は2002年12月号をもって休刊した。『オレンジクラブ』関連の情報については、以下のWebサイトを参考にさせていただきました。 →オレンジクラブ・ファンクラブ:http://www.geocities.jp/oc_fanclub/
*8 休刊時の誌名は『コミックGENRA』
*9 作者公式サイトの情報より
*10 作者公式サイトの情報より
*11 『美少女革命 極』Vol.6 掲載広告による。

単行本

  1. 『桃色愛奴』 雄出版 (2000) ※“成年コミック”。2000年2月(10日?)発売。“きりゅうたまみ”名義。 →amazon.co.jpで購入
  2. 『艶汁*12 大洋図書 (2003) ※“成年コミック”。2003年3月?発売。“比奈子 惟”名義。 →amazon.co.jpで購入
  3. 『淫欲盛に発て』 一水社 (2012) ※“成年コミック”。2012年9月27日発売予定


*12 書名読みは「えんじゅう」。

作品リスト(不完全版)

一水社・光彩書房で発表された作品 (2005-)

2012年(予定)

  • (一水社より単行本発売予定)

2011年(予定)

2010年

2009年

  • [裏表紙イラスト]/『美少女革命 極』Vol.6
  • (再録)「(秘)の密室」16p/『秋の蜜恋は激しくて』 光彩コミック。10月27日発売。
    • 「(秘)」は丸囲み文字(作者公式サイトでは「マル秘の密室」と記載)。初出は『COMIC幻羅』2002年12月号。単行本『艶汁』にも収録されている。ただし、この『秋の蜜恋は激しくて』に収録されているものは、さらに加筆が施された別バージョン。
  • (再録)「100通の秘蜜」20p/『絶対純愛XTC 〜あぶない夏恋体験』 Pinky Teensアンソロジー。8月28日発売。

2008年

2007年

2006年

2005年

一水社・光彩書房以外で発表された作品 (2001-)

 2001年以降に、一水社・光彩書房以外で発表された作品については、作者公式サイト、「はじめに」ページ下部の「過去掲載など」を参照のこと。

『オレンジクラブ』(雄出版)掲載作品(1998-2000)

 作者公式サイトには、詳細が書かれていない部分です。漫画10作品と、イラスト4作品。漫画作品10作は、すべて単行本『桃色愛奴』に収録されています。

 「▽」は、ハートマークの代用です。

  • “桐生圭巳”名義
    • 「びしょぬれの心理状態」12p/1998年8月号
    • 「Can Not Angel」16p/1998年9月号
    • 「君の夢しか見れないで」16p/1998年12月号
  • “きりゅうたまみ“名義
    • 「アレクエンジェル」16p/1999年2月号
    • 「HappyToy」16p/1999年4月号
    • 「秘密のステディ」16p/1999年6月号
    • 「ただいま」16p/1999年8月号
    • 「ラブ▽バトル」16p/1999年10月号
    • 「NEXT STAGE」16p/1999年12月号
    • 「Rest in Peace」16p/2000年2月号
    • [表紙イラスト]/2000年3月号
  • 比奈子 惟”名義
    • [表紙イラスト]/2000年5月号
    • [表紙イラスト]/2000年9月号
    • [表紙イラスト]/2000年11月号

単行本『桃色愛奴』と、作者公式サイトのほか、下記のサイトを参考にさせていただきました。
   オレンジクラブ・ファンクラブ: http://www.geocities.jp/oc_fanclub/

なお、上記のサイトには、『オレンジクラブ』の表紙画像が掲載されています。トップページ「オレンジクラブ紹介」の項、プルダウンで「2000年」を選び、順に閲覧してください(3ヶ月ごとに区切られています)。

アダルト動画、DVD通販などの総合サイト
通販



電子書籍





ギミックス・木谷椎コレクション



なかのひと


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-15 (水) 19:01:09 (1042d)